Close

2017年9月1日

接客ロールプレイング研修が各商業施設で始まっています!

ロールプレイングコンテスト地区大会に向けて、接客ロールプレイング研修が各商業施設で始まっています。

商業施設によって進め方は様々ですが、大会に出るまでには、オリエンテーションがあり、予選があり、施設での選考会があり、そして地区大会への出場、という流れになっています。

大会も一般社団法人主催のものや企業主催のものや様々です。

私が担当させていただく研修では、ロールプレイングが初めての人でも、オリエンテーションでしっかり説明しますので安心して参加していただけます。

販売者役とお客様役を交互に行っていただく場合があります。
最初は模擬演習が少々恥ずかしく思われる方もあるようですが、慣れてくると楽しそうです。

 

ロールプレイングの良いところは主に3点です。

先ず「自分の接客を意識出来る」というところです。
日々の業務では、目の前の接客に追われていたり、商品知識の詰め込みや、売り上げなどで頭がいっぱいで、なかなか客観的に自分の接客スキルを意識できません。
この「意識出来る」という気づきは、接客スキルアップの大きなきっかけになります。

次に「お客様の立場も意識出来る」というところです。
販売者といえども日常ではお客様にもなるわけですが、ロールプレイング練習時は、日ごろのお客様立場とは意識も違います。目の前の販売者の対応に全身を集中させますから、お客様心理を敏感に感じます。そしてそれが自分の販売者スキルに磨きをかけることにつながっていきます。

そして最後は、複数のスタッフで実施することによって、他者の接客応対が観察でき、そこからたくさんの学びを得ることができます。

 

ロールプレイングは「「接客」だけでなくいろいろな場面で活用できる学習方法です。
私の他の研修でも積極的に取り入れていきたいと思っています。

 

さて、私が強化特訓をしたスタッフさん達、地区大会でどんな接客を見せてくれるのでしょうか楽しみです。

 

Scroll Up